顔のくすみもストレスが原因!ストレスを解消してくすみを取るには?

顔のくすみが取れない、
とお悩みではありませんか?

じつは、ストレスもくすみの原因に
なっているんです。

私たちは、毎日、忙しすぎたり健康のことなど
いろいろなストレスをかかえていますよね。

そのストレスは、想像以上に
お肌のくすみなど肌荒れの原因に
なっているんです。

顔は、お肌の中でも
とくに見えるところだけに
気になりますよね。

ストレスは、顔のくすみにどう影響するの?
ストレスを解消して顔のくすみを取るには?

などをまとめました。

ストレスを溜めない習慣を身につけて、
お肌もワントーン明るく、
気持ちも軽く過ごせますように。

ストレスが顔のくすみの原因になる3つの理由は?

血行が悪くなる

ストレスがたまると、私たちの身体で
「交感神経」が働きます。

「交感神経」は、自律神経のうちのひとつで
緊張したり、ストレスを感じたり
運動している時に働きます。

逆に、眠っている時やリラックスしている時
体を回復する時は「副交感神経」が働きます。

「副交感神経」はもうひとつの自律神経で、
私たちの身体は、この両方の自律神経が
バランスよく働くことで
健康に保たれています。

でも、ストレスなどで、このバランスが崩れて
「交感神経」が働く時間が多くなると、
血管が収縮する状態が続きます。

すると、血液の流れが悪くなってしまいます。

血行が悪いと新陳代謝も悪くなります。

ターンオーバーが遅くなり、
いらなくなった角質がお肌の表面にとどまり
くすんだ顔色になってしまうんです。

↓「副交感神経」を働かせる血液の滞りを
改善するただひとつの美顔器はコレ!

免疫力が下がる

ストレスを感じると、脳から
「ストレスホルモン」
と呼ばれるホルモンが分泌されます。

たとえば、

アドレナリンやコルチゾールなどが
ストレスホルモンと呼ばれています。

このホルモンは、本来は
ストレスに対抗するために
分泌されるものです。

ですが、

分泌が過剰になると
免疫力が下がるといわれています。

すると、

お肌のバリア機能が低下し
炎症が起きやすくなります。

その結果、

くすみやシミなど
肌トラブルの原因になってしまいます。

活性酸素が発生する

ストレスを溜めると、私たちの体には
活性酸素が大量に発生します。

活性酸素はもともと、外からのウィルスなど
から体を守るために働いてくれるものですが、

増えすぎると、体内の健康な細胞まで
傷つけてしまうんです。

その結果、肌老化を早めたり
病気の原因にもなります。

ストレスを解消して顔のくすみを取る2つの方法

たまったストレスには抗酸化物質が効く

ストレスで大量に発生する
活性酸素を抑えるためには、

抗酸化物質を含む食材を
意識して摂るようにしましょう。

活性酸素は、体やお肌を
酸化(老化)させます。

この酸化を止めるのが、
抗酸化物質です。

ビタミンCやカロテノイド
ポリフェノールが
抗酸化物質と呼ばれています。

抗酸化物質が含まれた野菜や果物を食べると、
活性酸素を無害化したり、
発生を抑えたりすることができるんです。

ストレスで増える活性酸素を
できるだけ作らないようにして、
くすみのない美肌をめざしましょう。

入浴でストレス解消!顔のくすみをとるには?

ストレス解消して顔のくすみを取るのに
効果的なのが、湯船に浸かることです。

湯船に浸かると、ゆったりとした気分になり
自律神経のうちの「副交感神経」が
優位に働きます。

すると、体も心もリラックスした状態に
なることができます。

「副交感神経」が優位な時は、
血行がよくなります。

シャワーではなく、湯船に浸かって
ストレスで「交感神経」が優位だった
身体をときほぐしましょう。

血液の流れが良くなると、
顔のくすみもとれてきますよ。

また、

湯船に浸かると免疫力も上がります。

湯船につかってリラックスすると
「副交感神経」が働く
というお話をしましたが、

「副交感神経」が働くと
免疫力が上がるそうなんです。

また、

体を芯から温めることでも
免疫力が上がるんです。

体温が1度上がるだけで、
免疫力は5倍~6倍もあがる
と言われています。

免疫力が上がると、お肌のバリア機能も
回復してくるので、
顔のくすみも良くなってきますよ。

まとめ

湯船にゆったり浸かることで
ストレスを解消することができるんですね。

血行を良くし、免疫力を高めるので
顔のくすみもとれてきます。

それと同時に、

ストレスで発生した活性酸素を
抑えることも大切。

抗酸化物質を含む食材を摂ると
お肌の老化を抑えることができます。

ストレスを解消して顔のくすみが取れたら、
それだけでも
ずいぶん若々しい印象になりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする