目の下のたるみに効く化粧品。40代から目の下のたるみをとる方法は?

目の下にたるみがあると、
よけいに老けた印象になってしまいますよね。

でも、美容外科で手術をするのはこわい。
自分でケアできる化粧品はないかな
とお探しではありませんか?

40代をすぎた目の下のたるみは、
加齢が原因です。

加齢ならあきらめなきゃいけないの?

これから先も、明るい気持ちで過ごすためにも
できるだけ若々しい女性でいることって
大切ですよね。

そこで、

40歳を過ぎても改善できる
目の下のたるみをとる方法について
調べてまとめてみました。

ぜひ、参考にされてくださいね。

加齢で目の下がたるむ2つのワケとは?

目のまわりの筋肉が緩む

年齢とともに、眼輪筋という
表情筋がおとろえてきます。

眼輪筋は、目のまわりにある筋肉です。

普段の生活の中で動かす機会があまりないので
よけいに衰えやすい筋肉です。

眼輪筋のような顔の筋肉は、
皮膚とくっついているため
筋肉が衰えると、皮膚がたるんでしまうんです。

それが、目の下のたるむ原因です。

また、

眼球は、グルグルと動かせるように
脂肪で包まれています。

でも、

眼輪筋がおとろえると
その脂肪をささえきれなくなります。

眼輪筋の衰えがすすむと、さらに
支えきれなくなった脂肪で目の下がふくらみ、
たるみとなって現れます。

コラーゲンを作る細胞(線維芽細胞)がおとろえる

コラーゲンは、お肌の弾力を保ち
ハリを与えてくれます。

そのコラーゲンを生成しているのが、
「線維芽細胞」という細胞です。

ちなみに、

「線維芽細胞」は、コラーゲンだけではなく
エラスチン、ヒアルロンサンといった

美肌には欠かせない物質を
作り出すはたらきがあります。

その「線維芽細胞」は、年齢とともに衰え、
また、細胞そのものの数も減っていきます。

そのため、

コラーゲンが減っていき、
コラーゲンそのものの質も低下します。

それが、

お肌のたるみの原因になり、
顔や目の下のたるみの原因になります。

40歳からの目の下のたるみをとる2つの方法


40歳からの目の下のたるみをとるには、

悩みの特化した化粧品を選ぶことと
眼輪筋という表情筋を鍛えること。

この、ふたつを並行して行うことが大切です。

目の下のたるみをとる化粧品

眼輪筋を鍛えることと合わせて
取り入れたいのが
目の下のたるみをとる専用の化粧品です。

顔のたるみをとるための化粧品は、
いろいろ販売されています。

ビタミンC誘導体入りや、レチノール入りは、
効果の面で評判が高いですね。

ただ、

目の下は皮膚がとても薄いところなので、
刺激のつよい成分では、お肌に負担をかけてしまいます。

また、

皮膚が薄いために、せっかくの美容成分も
お肌に留まりにくいといわれています。

そのため、

目の下のたるみを解消するには
悩みに特化した化粧品を選ぶことが
大切になってきます。

40歳を過ぎると、若い時とちがって
お肌そのものがおとろえてきますから
できるだけお肌に負担をかけないことも大事ですね。

ですので、

ちゃんと目の下のたるんだ部分にとどまる
お肌に負担をかけない成分が配合されている

この2点はとっても大切。

いろいろ調べたところ、
この2点をクリアしている化粧品が、
「ビーグレン」というメーカーの化粧品です。

加齢肌の悩みは、「たるみ」「ほうれい線」
「シワ」「くすみ」「シミ」など
多岐にわたっていますよね。

ビーグレンは、その悩みのひとつひとつに
化粧品を提案されているのが特徴です。

さらに、40歳を過ぎると、
目の下のたるみだけではなく、
目の下のくすみや、まぶたのハリのなさも
気になってきますよね。

そういった目元の悩みを
集中してケアできるのが、
ビーグレンの「目元ケア」用の化粧品セットです。

目元の悩みを別々にケアするのではなく
同時にできる、というのも
口コミで人気の理由です。

こちらをタップすると、
口コミや詳しいことなど見ることができます。

ビーグレンには独自の浸透技術があり、

そのため、お肌の必要なところへ届きますし、
お肌への負担を減らすこともできています。

ただ、

自分のお肌にも合うかどうかは
使ってみないと分かりませんよね。

そのため、ビーグレンには
トライアルセットがあります。

また、返金保証がついていて、
使ったあとでも、365日
返金することが可能です。

目の下のたるみをとる方法をお探しなら
まずは、トライアルセットから
試してみてはいかがでしょうか?

>>ビーグレンのトライアルセットを試してみる

▲▲▲
今だけ、お楽しみプレゼントがもらえます。
(2018年12月12日まで)

★ しっとり&アロマでリラックス♪「クレイ入浴剤」
★ 両面2役!やさしく素肌をケアする「ボディミトン」
★ つるつるすべすべの洗い上がり!「クレイ石鹸」

上の美容アイテム3つの中からどれが届くかは
届いてからのお楽しみです♪

目の下のたるみをとるエクササイズ

眼輪筋エクササイズ

目のまわりを囲っている眼輪筋を鍛えると
目の下のたるみを解消するのに効果的です。

1.両手の中指を眉頭、人差し指を眉尻に当て
  視線を上に向ける

2.下まぶたを上げて、眩しい表情をする

3.目のまわりの筋肉がピクピクします

4.表情を元に戻す

5.繰り返す(10回)

目の下のふくらみをとる1分間エクササイズ

1分でできる目の下のたるみをとる方法を
見つけましたので、ご紹介しますね。

目の下に脂肪が下がって、たるんだふくらみが
目立たなくなるエクササイズです。

1.左手で鼻の付け根をつまむ
2.右手で右側のこめかみを上へ少し引っはる
3.ゆっくり目を閉じては開く(10回)
4.反対側も同じように、右手で鼻の付け根をつまむ
5.左手で左側のこめかみを上へ少し引っぱる
6.ゆっくり目を閉じては開く(10回)
7.両手の中指を眉頭、人差し指を眉尻に当て
  上へ少し引っぱる
8.ゆっくり目を閉じては開く(10回)
9.目をとじる(10秒)

コツは、つまんだり引っぱったり
目を開けたり閉めたりする行為を
やさしく行うことです。

力が強すぎると、かえってシワやたるみの
原因になってしまいます。

まとめ

年齢をかさねると、
どうしても筋肉が衰えますし、
細胞自体も元気がなくなってきます。

目の下のたるみをとるには、

眼輪筋を鍛えることと、
細胞を活性化できる化粧品を選ぶことが
大切です。

筋肉は、何歳からでも鍛えることができます。

今からでも、始めるのと始めないのでは
数年後に大きな違いがでてきますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする