顔のくすみは水分不足が原因…お肌の水分を補給しくすみを取る方法は?

顔のくすみって、なんとなく
幸せそうに見えないし
気になりますよね。

私もそうでしたけど、
顔のくすみって、40代を過ぎた頃から、
鏡を見て「アレ?」って気づきませんか?

じつは、水分不足も顔のくすみの
原因になるそうなんです。

お肌が充分に潤ってくると、
顔のくすみもなくなってくるんです。

水分不足を解消して、
明るい透明感のあるお肌になりましょう。

水分不足による乾燥肌で顔がくすむ!?

もともとお肌の表面には
バリア機能が備わっていて、

乾燥や紫外線から守ってくれています。

バリア機能の役割をはたしてくれているのは
「角質」です。

角質というと、硬い皮膚
というイメージがありますが、

角質には、皮膚に水分(潤い)を貯える
という大切な役目があるんです。

ちょっとむずかしい話をすると、

角質には、”天然保湿因子””細胞間脂質””皮脂膜”
というものがあるそうです。

この3つの成分が、それぞれに

潤いのもとになったり、水分を保持したり
お肌の水分の蒸発を防ぐなど、

水分を貯える働きをしています。

でも、

角質層が傷んでいると、保湿がうまくいかずに
お肌が乾燥してしまいます。

乾燥して水分不足のお肌は
お肌のキメが荒くザラザラしています。

すると、

光がきれいに反射されずに
顔に影ができるため
くすんで見えてしまうんです。

さらに、

乾燥したお肌は
ターンオーバーがうまく働きません。

そのため、いらなくなった角質が
はがれ落ちずに肌表面にくっついてしまい、
くすんだお肌になってしまいます。

水分不足を招くスキンケアで顔がくすむ!?

お肌の乾燥が気になってくると、

もっと化粧水をたっぷりつけなきゃ・・・
こってりとした栄養クリームや
オイルも必要・・・

と思ってしまいますよね。

でも、

化粧水もクリームなどの油分も
実は、お肌から蒸発してしまって
いるんです。。

乾燥したお肌に必要なのは
水分(潤い)を保つこと。

その役目をしているのが保湿です。

もともと、お肌には水分を蓄えて
保湿をサポートする
という働きがあります。

水分をお肌に保持する役目をしているのが
セラミドという物質です。

でも、セラミドは年齢とともに減っていき
お肌に水分(潤い)を保つ働きが
弱くなります。

潤いのないお肌は、くすみやシワなどの
原因になってしまいます。

お肌に水分を保つためには、
セラミド入りの化粧品で補ってあげることが
大切です。

ただ、

セラミド入りの化粧品って
たくさん販売されていますよね。

それに、

セラミドにも、ヒト型セラミドや植物由来など
いろいろな種類があります。

植物由来ときくと、お肌にやさしい
と思いがちです。

でも、保湿効果が高いのは
人のお肌に似ているヒト型セラミドです。

さらに、ヒト型セラミドには
セラミド1,セラミド2というように
数字が表示されています。

この数字は1~6まであるのですが、
このなかで保湿力に優れているのは
1~3です。

ですので、化粧品の成分を見て
セラミド1~セラミド3のものを
選びましょう。

たくさんありすぎて迷ってしまう・・・
という方は、「トリニティーライン」という
オールインワンジェルがおすすめです。

トリニティーライン

▲▲▲
セラミド2などセラミド成分が
55倍も配合されているそうです。

顔のくすみをとるための化粧品は、
お肌の水分を保ってくれるものを選ぶことが
大事なんですね。

年齢肌による水分不足で顔がくすむ

歳を重ねると、どうしても
代謝がおとろえますよね。

すると、

角質の細胞も衰えます。

角質は、”角質細胞”と”細胞間脂質”の
2つで成り立っています。

若い時は、角質細胞も大きく、
細胞どうしをつなぐ細胞間脂質も
ぎっしりと詰まっています。

そのため、

ハリのあるお肌を保つことが
できているんですね。

でも、

年齢とともに、角質細胞は小さくなり、
細胞間脂質の分泌量も少なくなって
きます。

お肌に水分が不足している状態ですね。

水分不足のお肌は、ザラザラとして
くすんだお肌になってしまいます。

水分不足による顔のくすみを取る方法とは?

水分不足による顔のくすみを取るには、

お肌の表面(角質層)と、
お肌の奥(真皮)の部分の両方に
潤いを与えてあげるスキンケアが大切です。

そのためには、

角質に備わっている保湿成分を
できるだけ減らさないこと。

紫外線や洗顔のしすぎ、
また、ピーリングのしすぎは、
お肌を痛めて、角質のバリア機能を
低下させます。

すると、乾燥肌になり
顔のくすみやシミなどの
原因になってしまいます。

そのため、

しっかりと紫外線対策をするのはもちろん、
お肌に負担をかけない洗顔や
ピーリングをしましょう。

また、

お肌に栄養を届けてあげることも大切です。

角質層にはセラミドやアミノ酸を、
真皮の部分にはコラーゲン、ヒアルロン酸
などの保湿成分を配合した化粧品が

効果を期待できます。

保湿成分は、年齢とともに減ってくるのは
しかたのないことですよね。

でも、

放おっておくと、お肌のトラブルは
増すばかり。。

年齢肌用の化粧水や美容液で
補ってあげましょう。

すると、

足りなくなった保湿成分を
お肌へ届けることも出来るし
潤ったお肌はターンオーバーも促進されます。

顔のくすみも改善されてきますよ。

水を飲む習慣が水分不足による肌くすみを解消?

くすみのないきれいなお肌のためには、
美容液などで外から補うだけでは
解消できません。

美肌に良い栄養素を含んだ食事など、
体の内側からも、
お肌の環境を整えていくことが必要です。

ただ、

お肌が水分不足の状態では、
せっかくの栄養が体中に行き渡りません。

それでは肌のくすみを解消することも
できません。

女優さんやモデルさん達が、
毎日1,5㍑~2㍑の水を飲んでいる
と聞かれたことはありませんか?

体の約70%は水分、
といわれていますよね。

毎日、いい水をたっぷり飲む習慣が、
肌へ栄養をとどけて、
顔のくすみを取るのに役に立って
いるんですね。

まとめ

水分不足によるお肌のくすみを取るには
毎日の次のような習慣が役に立ちます。

お肌に栄養をしっかり届ける
乾燥を防ぐ
良い水をたっぷり飲む

お肌も体も水分不足だったな・・・
と思い当たる方は
始めてみてはいかがでしょうか。

40代からでも、遅いなんていうことは
ありません。

顔のくすみがとれてお肌のキメも
整ってきますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする